希望のAGA新治療薬

私とザガーロの出会い|希望のAGA新治療薬

今現在の私のAGA治療は

私は現在30代で、AGA治療をしています。
治療期間はもう1年になります。
しかし、満足のいく効果が得られていないのが現状です。
効果が出ない人は、その治療法が自分にあっていないのかもしれません。


ここでは、AGA治療の新薬であるザガーロと私の出会いについて解説していきます。

元々髪の毛が薄い自覚はあったのですが、あまり真剣に考えてはいませんでした。
しかし、30代に突入してからは薄毛に拍車がかかり、20代の頃と比べたら明らかに状態は悪化しました。

普通にしていると地肌が見えてしまうため、髪型を工夫することでなんとか誤魔化していますが、婚活を考えるようになってから、AGA治療を考えるように。

AGA治療をしてくれるクリニックに受診し、特別な治療は行わずにプロペシアとミノキシジルの服用をすることとなりました。
スコープで頭皮の状態を確認したところ、まだ救いようがあったようで、薬での改善を選ぶこととなったのです。

プロペシアとミノキシジルの併用は、プロペシアでこれ以上薄毛が進行することを防ぎつつ、ミノキシジルで発毛を促すという治療法です。
しかし、プロペシアによって薄毛が止まったのか、それとも進行が遅くなったのかいまいち分かりませんでしたし、ミノキシジルの効果もよくわかりませんでした。

服用して1~2か月が経過した時、生え際に産毛が生えてきたときは感動しましたが、あくまでもそれだけのことで、モサモサと髪の毛が生えてくることをイメージしていただけに残念でした。


遂に新薬が!ザガーロとは




完全に禿げあがってしまわないだけマシか・・・と考えていましたが、やはり未練はありました。
こうなると、常にアンテナを張っている状態になりますから、AGA関連の情報は逐一目に留まります。

すると、8月末のニュースで、AGA治療薬の新薬として、ザガーロなる薬が出るらしいという情報をキャッチしました。
翌月の9月末には、厚生労働省から正式に承認されたというニュースを知り、今年中に出るという情報も知りました。

今のところ得ている情報によれば、ザガーロには高い発毛効果があるらしく、プロペシアともミノキシジルとも違う有効成分を含む薬です。
韓国ではすでに認可されている薬とのことで、これはもう試すしかないと思っています。

しかし、今年中に出る予定という事は分かっているものの、価格は未だ公表されていません。
おそらく、この薬の前身である前立腺肥大薬「アボルブ」と同じくらいの値段で販売されるのではないかと噂されていますが、詳しいことは分かりません。

AGAに悩む者の一人として、できるだけ求めやすい値段で発売されることを願うばかりです。

© Copyright 私とザガーロの出会い|希望のAGA新治療薬. All rights reserved.